兵庫県議会議員 くりやま雅史

ホームプロフィール議会活動政策理念活動レポートインターンシップご意見

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
最近の日記
最近のコメント
最近のトラックバック
アーカイブ
リンク
blog内を検索
プロフィール

兵庫県議会議員くりやま雅史 インターンブログ

兵庫県議会議員栗山雅史の元で活動中の議員インターン生たちによる記録です。
<< 苦戦しています | main | 気づいたこと >>
本音
こんにちは、沖本です。

私たちは今本当に苦しんでいます。
共同作業の難しさを痛感しています。
私は2日連続でインターン中に泣いてしまいました。
もう日にちが無いという焦りや、1回目のプレゼンを超えられない悔しい思い、なんで上手くできないんだと自分を責める気持ちが溢れて、正直、もう嫌だと思いました。

今回の発表はたくさんの方に見ていただいているのですが、それぞれの方の意見が全員違っていて、混乱してしまいました。
でも、これだけ違う意見を言っていただけるのは、みなさんが私たちに本気で向き合ってくれているからこそ、褒め言葉だけではない、否定の言葉を言っていただけるのだと思います。
そして、私は今まで誰も本気でこんな風に向き合ってくれる人はいなかったのだと、気づきました。上っ面の言葉だけの生ぬるい世界で生きてきたんだなと思います。だからこそ、本音で向き合ってくれる人がいるこの環境には感謝しています。
インターンを始めてから、いろいろな方と話す様になって、自分の本音が前よりずっと言えるようになりました。今までは相手を傷つけないことが一番の優しさだと思っていたし、本音を言った時に相手に受け入れてもらえないかもしれないと考えると、すごく怖かったです。
先輩方や仲間が本気で向かってくれるので、自分も自然と本音が出て、本気で話し合えることがこんなにも楽しいんだ、と実感しています。

今は本当に辛いです。
今朝、栗山さんが、インターン生が一番最初に書いた目標の紙を写真で送って下さり、私は「辛い時ほど自分を一番成長させてくれる」と書いていました。これを書いた時はまさかこんなに辛い思いをするとは思ってもみなかったのですが、今は、本当にその通りだな、と思います。

泣いている写真を撮っていただいたので、卒業の時に思い出スライドで見返すのを楽しみにしています。

3人で全力を尽くして、悔いが残らない研究テーマ発表にします。
| comments(0) | trackbacks(0) |









http://intern.kurix.jp/trackback/993504